猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。
猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。

猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。

猫の体温について知ろう!平熱や測り方、熱が出る原因などを解説。

猫の体温について知ろう!平熱や測り方、熱が出る原因などを解説。

ヘルスケア
投稿: 更新:

猫の体温は、人間の平熱よりも少し高いことを知っていますか?日頃から平熱を知っておけば、発熱していることにも気がつけます。体調の変化に素早く対応するには、元気な状態を把握しておくことが大切です。本記事では、猫の平熱や体温の測り方などを解説します。

監修した専門家

小川 篤志

小川 篤志

獣医師。救急医療を中心に従事し、災害医療にも携わる。宮崎犬猫総合病院 院長、TRVA夜間救急動物医療センター副院長を経て、現在RABOに所属。Webメディア監修、獣医師や飼い主向けセミナー講演、メディア取材などでも活動。

猫の体温は何℃が正常?

後ろを振り向く猫

猫を含め、多くの動物は全身が毛で覆われています。そのため、体温の変化に気づきにくく、病気の早期発見ができないこともあります。また、人間の体温と比べて平熱が高いことも、体調不良を見過ごしてしまう要因です。体調不良に素早く気づいてあげるためには、日頃から健康状態をチェックしておくことはもちろん、猫の平熱を知っておくことも重要です。

猫の平熱は38~39℃前後(ただし直腸温) 

猫の平熱は、人間よりも高く「38~39℃前後」とされています。もともとの体温が高いため、発熱時には40℃ほどになることも珍しくありません。また38~39℃というのはお尻から体温計を入れて「直腸」で測った場合の平熱です。自宅で直腸温の計測をすることは難しいため、そのような場合には脇など、毎回同じ場所で計測することで平熱を把握できます。

猫が発熱しているときは大抵、体温の上昇以外の症状も現れていると考えられます。例えば食欲不振や呼吸の乱れなどです。また寝ている時間が増えることや、普段は行かない場所に隠れて出てこなかったり、起きていてもどこかぼーっとしていることなども、体調不良のサインといえます。

平熱より高い場合の対応は?

猫の体温が平熱よりも高い場合、どのような対応をすることが望ましいのでしょうか。猫が発熱するときは、感染症である可能性も高く、ごくまれですが人間にも感染してしまうケースがあります。すぐに、近くの動物病院へ連れて行ってあげましょう。

診察をスムーズにするためには、発熱以外にも「呼吸」「食欲」「下痢」「嘔吐」「鼻水」「歩き方(関節炎でも発熱することがあるため)」などのポイントをよく観察しておきましょう。

平熱より低い場合の対応は?

体が濡れることや病気、低血糖など、さまざまな原因から、平熱よりも体温が低くなってしまう場合もあります。基本的にはそれほど多いものではありませんが、猫の体温が平常時よりも低い場合も注意しましょう。まずは毛布で包む、暖かい部屋にうつすなどで、体を温めてあげ、動物病院へ連れて行きましょう。

猫が発熱したときに考えられる病気は?

こちらを見つめる猫

猫が発熱するときには、病気が原因となっている可能性が高いです。考えられる主な病気には「感染症」「炎症による病気」「熱中症」「腫瘍」などが挙げられます。いずれの病気も、放置して悪化することで、猫の命を危険に晒してしまう危険があるものです。それぞれについて、具体的な病名や症状なども含めて解説するので、参考にしてください。

感染症

細菌やウイルス、寄生虫などの病原体によって感染症を起こしている場合、発熱などの症状がみられることがあります。発熱がみられる感染症の一部をご紹介します。

  • 猫白血病ウイルス感染症(FeLV;猫白血病)

  • 猫免疫不全ウイルス感染症(FIV;猫エイズ)

  • 感染性肺炎、気管支炎

  • 感染性腸炎

  • 敗血症

  • 腎盂腎炎

  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)

発熱が見られたからといって、すぐにこれらの病気であると特定できるわけではありません。くしゃみや鼻水等の呼吸器症状、下痢や嘔吐といった消化器症状など、症状がどこに現れているかによって検査をすすめ、原因を絞り込んでいくことになります。

特に、外へ出る猫は室内飼いに比べて感染の機会が多いため、要注意です。

ワクチン接種を受けずに感染すると重篤な症状を呈するヘルペスウイルス、カリシウイルス、パルボウイルスや、主に外で暮らす猫との接触により感染する猫白血病ウイルス、猫免疫不全ウイルス(通称:猫エイズウイルス)などには注意が必要です。これらの感染を防ぐために、しっかりとワクチン接種を受けましょう。

ケガで膿んでしまうことも

また他の猫とのケンカによって傷を負った場合、傷口が化膿して発熱することもあります。

ケンカをしやすい猫では割とよくあることで、「膿瘍(のうよう)」といいます。猫の爪や歯は尖っているので、ケンカをしたときに小さな穴が開きます。その穴は小さいためすぐに塞がりますが、内部には菌が残るので、膿が溜まってしまうことで膿瘍となり、やがて発熱します。

外に出るということは、常にこのようなリスクに晒されているということを理解し、猫に異常がないかを一層注意して観察する必要があります。

炎症による病気

毒物、異物、刺激、自己免疫性疾患などによって炎症を起こしている場合にも、発熱が見られることがあります。猫の体を守るはずの免疫が、過剰に反応することにより炎症を起こし、発熱してしまうのです。代表的な病気には、以下のようなものがあります。

  • 急性肝炎

  • 中毒性肝障害

  • 腹膜炎

  • 膵炎

  • 胸膜炎

  • 血管炎

  • 食道炎

  • 炎症性腸炎

  • 多発性関節炎

これらの病気も発熱だけでは特定できません。食欲や嘔吐の有無、呼吸が苦しそう、抱っこを嫌がるなど、普段と違うところを見つけましょう。いつから始まった症状なのか、変わったこと(フード、住環境、誤食など)が無かったか等の情報も整理しておき、獣医師に説明しましょう。

最後に書いた関節炎は、猫でとても多い病気の一つです。発熱することも多いのですが、特徴的な症状が出ない場合は色々な検査をしても発熱の理由がわからないこともあり(不明熱と言われる)、関節を触ってみたらやっとわかった、というケースもあります。

熱中症

人や犬に比べてそれほど多くないものの、気温や湿度の高い場所に長時間いることで、熱中症を起こすことがあります。また、ただ気温の高い場所にいるだけでなく、水分補給ができていないことなども、熱中症に繋がります。

場合によっては体温が41℃を超えることもあります。早期に適切な治療ができなければ、高熱に苦しむだけでなく、臓器に障害などを起こす可能性もあります。大事に至る前に、速やかに動物病院で診察を受けましょう。

ベランダへの締め出しや車への閉じ込め、エアコンの故障など、明らかに熱中症が疑われるときは、とにかく熱を下げることが重要です。体を水で濡らして風を当てるなど、体温を下げる工夫をしながら動物病院へ向かいましょう。保冷剤などを使う場合はタオルでくるんで、脇や股にはさみましょう。

ただし、急激に冷やすことはNGです。氷水につける、保冷剤を直接当てるといった処置では体の表面の血管が収縮してしまい、逆効果になる恐れがあります。

腫瘍

腫瘍の影響で発熱するケースもあり、「腫瘍熱」とも呼ばれます。転移するタイプの腫瘍(悪性腫瘍)の場合は発熱が起こりやすいとされています。高齢である場合や、既に悪性腫瘍と診断されている場合には腫瘍熱の可能性が疑われますが、免疫力の低下による感染や誤嚥性肺炎などの可能性もあります。自分で判断せず、動物病院を受診しましょう。

その他

薬による副作用で発熱するケースがまれに見られます。薬剤熱とも呼ばれ、事前に予測することが難しく、また診断も他の病気が見つからないこと、薬を中止して熱が下がることなどから推測されます。薬を飲み始めて数日で発熱することもあれば、数週間飲んでから発熱するケースもあるようです。新しい薬を飲み始めたときは、しばらく体調の変化に注意しましょう。

猫の体温を測る方法

床で寝ている猫

ここまで、猫の体温が平熱よりも高い場合や低い場合について解説しました。しかし、平熱にも個体差があります。まずは正常な体温を知っておくために、猫の体温の測り方について解説します。

用意するもの

猫の体温を測るために、体温計を用意しましょう。人間用の体温計を使ってもOKですが、できればペット用の体温計の方が安心です。なぜなら、猫の体温を正確に測るためには、お尻での計測(直腸温)がベターであるため、先端が柔らかくなっているペット用の体温計のほうがより安全に測ることができるのです。お尻での測定を嫌がる場合もあり、万が一暴れてしまったときでも、先端が柔らかなものであれば、猫の体を傷つけてしまう心配が少ないはずです。

毛布などを用意するのもおすすめです。体温を測る際の違和感を少しでも減らすために、(いやがらなければ)毛布で包んで安心させてあげるのも良いですね。

体温の測り方

お尻で測る場合

理想はお尻での計測です。以下の手順を参考にしてください。

  1. 猫を立たせるか、伏せの状態にする

  2. 体温計の計測部分にサラダ油などをつける

  3. 利き手に体温計、反対の手で猫の尻尾をもつ(少ししっぽを持ち上げるイメージ)

  4. 肛門を確認したら、ゆっくりと体温計を2-3cmほど入れる

  5. 体温が計測できていることを確認し、尻尾を下ろす

  6. 計測完了の合図があるまで待つ

わきで測る場合

わきでは正確な体温を測ることはできませんが、平熱を知り推移を確かめられるという点では重要です。猫を触った時「あれ、熱かな」と思った時には、同じくわきで測って比べてみましょう。また、お尻ほど嫌がらないというのもポイントです。

  1. 猫を伏せの状態にする

  2. 曲がった腕の部分から脇に体温計をすべりこませる

  3. 体温が計測できていることを確認する

  4. 計測完了の合図があるまで待つ

近年では、耳で体温を測る体温計も販売されていますが、耳から正確に体温を測るには少しコツが必要となります。しかしお尻で測るよりも手軽なうえ、短時間で測定できるため、日頃から練習しておくと良いですね。

発熱の見分け方は?

ベッドでくつろぐ2匹の子猫

毎日体温を測っていれば、猫の体調の異変にも早めに気づけるかもしれません。とはいえ、忙しくてなかなかできないという方も多いはず。そんなときには、見るべきポイントをおさえて観察したり、少し触ったりするだけでも、ある程度のチェックはできます。本章では、猫が発熱しているか否かの見分け方について、触って確認すべき場所や見るべきポイントを解説します。

耳や肉球、お腹など毛の少ないところで体温を確認

猫は全身を毛で覆われているため、皮膚の温度を直接感じづらいですよね。しかし、猫の体にも人間の額のような役割を担う場所があります。それが「耳」と「肉球」です。

猫は耳や肉球から熱を放出しているため、この部分に触れることで、手軽に体温を確認できます。日頃から耳や肉球に触れておくと、より体温の変化に気づき安くなるでしょう。お腹の毛が薄い部分でも熱を感じやすいでしょう。普段からスキンシップも兼ねて、嫌がらない程度に触っておきましょう。

その他の症状を確認

前述したように猫が発熱する場合は、体温が上昇しているだけでなく、その他の症状も現れるケースが多いです。これは人間が発熱しているときに、倦怠感があったり食欲不振に陥ったりするのと同じです。

熱っぽいなと感じたときは、「どこか元気がない」「あまりご飯を食べてくれない」「心拍数が早い」「呼吸が荒い」「痛がる」などの症状がないか、チェックしてみましょう。

日頃から健康状態をチェックしておこう

病気の種類はもちろん、持病の有無や年齢などによっても症状は異なります。最も重要なことは、元気な状態をよく知っておくこと。猫の健康状態を管理するためにおすすめなのが首輪型デバイスのCatlog(キャトログ)です。Catlogを使えば、猫の行動を24時間365日記録しておくことができます。

また、体重の管理には、Catlog Board(キャトログボード)が役立ちます。Catlog Boardは、猫のトイレの下に敷くだけで、簡単に体重測定や排泄情報を記録できるデバイスです。日々の細かな体重の変化や排泄の回数、量などから健康状態を記録し、チェックできます。

記録した内容はアプリで確認できるため、外出先でも普段の猫の様子を細かくチェックできます。体温を計ることはできないまでも、食事の量なども記録できるため、食欲が落ちたことや体調の変化に気がつきやすくなるでしょう。

病院に連れて行くときのポイント

日光浴をする猫

猫が発熱しているときには、まずは動物病院へ連れて行くことをおススメします。その際、飼い主がある程度ポイントを押さえておくことで、よりスムーズに診察を進めることができます。飼い主が事前に調べておくべきことや、観察して獣医師へ伝えるべきことを解説します。いざというときに慌ててしまわないように、今から確認しておきましょう。

体温の異常を感じたらすぐに病院へ

「熱があるかな」と感じたら、まずは動物病院へ連れて行きましょう。猫の発熱の原因は重いものも軽いものもありますが、総じて何かの異常があるから発熱しています。

すぐに足を運べる動物病院が近所にないかを日頃から調べておくと、緊急時にも冷静に対応できます。診療時間や休診日もチェックしておきましょう。夜中にも受診できる救急病院を調べておくのもよいですね。

獣医師へ伝えるべき症状

猫を獣医師に診てもらうときには、発熱以外の症状も、病気を絞り込む助けになります。以下のポイントをよく確認しておけば、スムーズに病状を伝えることができます。

  • 鼻水やくしゃみがあるか

  • 食欲はあるか、元気はあるか

  • お腹の張りはあるか

  • 呼吸は早くないか

  • 嘔吐や下痢はあるか

  • 怪我をしている可能性はないか

  • 気にして舐めているところはないか

  • 歩き方はおかしくないか

上記のポイントに注目しておくだけでも、診察をするうえで獣医師が知りたいことをかなり伝えることができます。

まとめ

見上げている猫

猫の体温について解説しました。猫の平熱は38~39℃と人間よりも高めであり、普段から温かい分、発熱に気付きにくいかもしれません。きちんと食べているか、歩き方や呼吸の速さなど変わったことはないか、よく観察しましょう。

細かく健康状態をチェックする時間がないという方には、愛猫の行動を記録できる首輪型デバイスのCatlogがおすすめです。Catlogでは、「食事」「水飲み」「走る」「歩く」「寝る」「くつろぐ」「毛づくろい」の7種類の行動を記録できます。記録した内容はスマホでグラフやタイムラインとして確認できるため、猫の体調の変化に気がつきやすくなるでしょう。

ぜひ本記事を参考に、日頃から猫の体調を観察してあげてください。

この記事をシェア

ライター

猫様のいる暮らし編集部

猫様のいる暮らし編集部

2匹の猫様と一緒に暮らしています。無防備になったお腹に顔をうずめ、猫吸いをさせていただくのが至福の時間。 猫様との暮らしにまつわる情報をお届けします。

ヘルスケアの新着記事

「猫様のいる暮らし」は、猫様と暮らす方々のためのウェブマガジンです。猫様と健やかに暮らしていくための記事をお届けしていきます。

記事に医療・学術的な内容を含むこと、猫様の情報を探している多くの飼い主さんに情報が届くように、「猫様との暮らし」内では猫様に対して“猫”と表記することを許可しました。

RABO, Inc.
Chief Cat Officer ブリ丸