猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。
猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。

猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。

猫はお風呂に入れるべき?入浴の必要性や3つの手順を解説

猫はお風呂に入れるべき?入浴の必要性や3つの手順を解説

ヘルスケア
投稿: 更新:

基本的に、猫は毛づくろいによって自分の体を清潔に保っているため、無理に入浴させる必要性はありません。ただ、場合によっては、猫をお風呂に入れてあげた方がいいこともあります。本記事では、猫をお風呂に入れる頻度や準備しておくもの、洗う手順などを解説します。

監修した専門家

小川 篤志

小川 篤志

獣医師。救急医療を中心に従事し、災害医療にも携わる。宮崎犬猫総合病院 院長、TRVA夜間救急動物医療センター副院長を経て、現在RABOに所属。Webメディア監修、獣医師や飼い主向けセミナー講演、メディア取材などでも活動。

猫にお風呂は必要?

仰向けでくつろぐ猫

猫にとってお風呂は必要なのでしょうか?人間の感覚では「お風呂に入らない=汚い」と感じる方もいると思いますが、実はそうでもありません。

本章では、猫をお風呂に入れる必要があるのか、また子猫や地域猫の場合はどうかについて説明します。

基本的には毛づくろいで十分

結論からいえば、猫をお風呂に入れる必要はありません。猫は毛づくろいによって、自分で自分の体を清潔に保つことができる動物です。そのため、嫌がる猫を無理にお風呂へ入れる必要はないのです。また猫の毛には、水を含みやすいという特徴があります。一度濡れてしまうと、乾くまでに時間がかかります。さらに、水に濡れることそのものが猫にとってストレスとなる可能性もあるでしょう。

デバイスで自動で記録しよう

猫が毛づくろいをちゃんとしているかは、首輪型デバイスCatlogでも記録することができます。毛づくろいをできているかはもちろん、過剰に毛づくろいをしているときはストレスのサインかもしれません。また、ほかにも歩く、走るといった運動量の測定や、食べる、水飲みといった飲食の記録まで自動で取得できるのでおすすめです。

catlog

汚れやニオイが気になるときは?

まずは、お湯で湿らせたガーゼやペット用のウェットシートなどで、汚れやニオイが落ちないか試してみてください。

それでも汚れがひどく、ニオイやフケが気になるときには、お風呂に入れてしっかり洗ってあげることを検討しましょう。汚れが付着したままでは、皮膚炎などの病気になってしまう恐れがあります。必要に応じてお風呂に入れてあげましょう。

他にも歯周病などの口のトラブルがあるときには、唾液のニオイが強くなり、毛づくろいによって全身が臭くなる場合があります。また、口臭が強い場合は腎臓の疾患などが隠れている場合もあります。このような場合はいくら体を洗っても、数日もたてば元のニオイに戻ってしまいます。原因となる病気を治療してあげる必要があるため、動物病院を受診しましょう。

まれなケースですが、動物病院に「粘着タイプのネズミ取りで体がベタベタになった!」という可哀想な猫が来院することがあります。この場合は濡らして乾かすくらいではベタつきが取れません。こちらも動物病院に相談してみましょう。

子猫の場合は?

子猫の場合はどうでしょうか?

生まれたばかりの子猫は、体温調節がうまくできません。そのため、お風呂に入れて全身が濡れると、急激に体温が下がってしまい、命に関わるトラブルを引き起こすかもしれません。子猫をお風呂に入れたい場合は、最低でも3ヶ月経ってからにしましょう。

ちなみに、子猫のうちにお風呂に入れておくことで、水に慣れさせることができるかもしれません。前述したように、ウンチやおしっこなどの汚れがひどく、どうしてもキレイにしたい場合などは、チャレンジしてみましょう。

ただし、いきなり全身を濡らすとトラウマになってしまうかもしれません。初めは、あたたかい蒸しタオルからはじめ、次に前足の一部を濡らすくらいから徐々に始めるのがおススメです。飼い主との関係を悪化させてまでお風呂に入れる必要はありませんので、どうしても嫌がる場合は他の方法でキレイにしてあげましょう。

地域猫をお迎えするときは、できるだけ一度きれいにした方がベター

地域猫の毛には、ノミやダニ、カビなどが付着している可能性が高いです。家で飼うためには、きれいにしておきたいですよね。

ノミやダニは、不用意に洗ったりブラッシングすると、部屋中に飛び散ってしまうこともあるので、入浴でキレイにするのではなく、動物病院で処方されるノミダニの薬を使いましょう。

特に先住猫がいる場合は、ご対面する前に体をキレイにしておきたいですよね。まずはノミやダニを処置してから、入浴を検討してください。ただ、初めての環境で突然お風呂に入れられることはかなり警戒するはずです。ひどく怖がって暴れてしまう可能性があります。その場合は無理せず時間をおくようにしてください。

治療としてのシャンプーが必要な場合

その他、猫をお風呂に入れることが必要になるケースとして、動物病院で治療としてのシャンプーを勧められる場合があります。代表的な例が真菌(カビ)感染症です。全身または体の一部に真菌感染が見られる時には、治療としてのシャンプーが有効な場合があるのです。

真菌感染症は子猫や外で暮らす猫に多く見られ、フケを伴う脱毛が特徴です。この病気は放置すると脱毛部がどんどん広がってしまうので、抗真菌薬の入ったシャンプーで毛についた真菌を洗い流します。他にも抗真菌薬を飲ませる方法、全身の毛を刈る方法などがあり、症状の重さによって組み合わせて治療されます。薬用シャンプーは有効な治療法ですが、どうしてもシャンプーが苦手な猫の場合は無理せず獣医師に相談してみましょう。

猫のトイレ回数や病気のことをLINEで無料相談受付中

CatlogのLINE公式アカウントでは、トイレの回数・色・量のことから病気や暮らしのことまで、LINEで無料相談受付中です。 下記のように、飼い主様のお悩みやピンポイントに知りたいことに獣医師や猫のスペシャリストが丁寧に回答いたしますので、お気軽にご相談ください。

猫の体調に関する獣医師へのLINE無料相談の実際の画面

<相談の例> ・薬用シャンプーでも皮膚炎が治りづらい ・膀胱炎になったら、トイレの回数を知っておくことは大事? ・子猫を迎えて最初に用意しておくべきものは? ・ごはんを食べてくれないけど、どうしたらいい? ・太ってきたと言われたけど、ダイエットが難しい

<LINE公式アカウントはこちら

猫をお風呂に入れるには?

ブランケットに包まれた猫

猫をお風呂に入れるためには、いくつかの準備が必要となります。しっかりと準備をしてからお風呂に入れることで、作業が短時間で済み、猫への負担を軽減できます。また、あまり頻繁にお風呂に入れてしまうと、猫のストレスとなりかねません。適切な用意と頻度を踏まえたうえで、猫をお風呂に入れてあげましょう。

猫をお風呂に入れる頻度

猫をお風呂に入れる場合、どの程度の頻度であれば問題ないのでしょうか?

猫の体の汚れが気になる場合でも、お風呂に入れる頻度は半年に1回か多くても2回ほどに留めておきましょう。室内だけで生活している猫であれば、あまり汚れることも少ないので、ニオイや汚れが気にならなければ、お風呂は必要ないでしょう。

逆に頻繁にお風呂へ入れ過ぎてしまうと、猫のストレスになるだけでなく、皮膚トラブルにもつながります。基本的には少し汚れても、気になる箇所だけを拭き取るくらいにとどめて、あとは猫自身の毛づくろいに任せましょう。

事前準備ですべきこと

猫をお風呂に入れるためには、以下2つの準備をしておきましょう。

  1. 爪を切っておく

  2. ブラッシングをしておく

猫は水が苦手なため、入浴中に暴れてしまうかもしれません。引っ掻かれて怪我をしてしまわないように、爪切りをしておきましょう。

また、毛が絡まっている状態では、しっかりとシャンプー剤が皮膚に行き届きませんし、濡れたあとでは毛の絡みがほぐれにくくなります。ブラッシングをして、抜け毛や毛玉を取り除いておくと良いでしょう。

用意しておくもの

猫をお風呂に入れるときには、使う道具もあらかじめ用意しておきましょう。猫のシャンプーに必要なものは以下の通りです。

  • 猫用シャンプー

  • ペット用のバスタブ(洗面器でも可)

  • タオル類(なるべく多く)

  • ブラシ

まずは猫用のシャンプーを用意しましょう。人間用のシャンプーでは、刺激が強過ぎるため、必ず「猫用」と書かれた製品を使ってください。また入浴後、すぐに体を拭いてあげられるよう、タオル類は事前に用意しておきましょう。全身を包める大きめのものと、顔など細かな部分を拭くための小さめのタオルのどちらも用意してください。最後にブラシです。入浴後の皮膚を傷つけないよう、柔らかなブラシがおすすめです。

猫を洗う3つの手順(とにかく優しく優しく)

人の膝の上でくつろぐ猫

いよいよ、猫の体を洗う方法について解説します。猫をお風呂に入れるためには、温度と洗い方、乾かし方に注意しなければなりません。お湯が熱過ぎたり、洗う力が強過ぎたりすれば、猫はますますお風呂を嫌がるようになってしまいます。また、乾かし方が不十分だと皮膚トラブルに繋がる恐れもありますし、乾かし過ぎても皮膚が乾燥してしまいます。

1〜3の手順をしっかりと確認しておきましょう。

1.温度を調節する

猫をお風呂に入れる際、適したお湯の温度は35℃前後のぬるま湯です。ペット用のバスタブ(洗面器などでもOK)に、ぬるま湯を用意し、猫用のシャンプーを溶かします。温度が高いと猫がびっくりしてしまったり、皮脂が落ちすぎて乾燥してしまう可能性があります。「少しぬるいかな?」と思うくらいがベストです。

2.優しく洗い始める

お湯の準備ができたら、猫をゆっくりとお風呂に入れてあげましょう。急にお湯につけると、驚いてしまいます。くれぐれも「ゆっくり」を意識し、顔から遠いところから少しずつ手でお湯をかけてみます。猫をお湯に入れたら、顔を避けながら優しく洗い始めます。汚れやすい肛門付近は、特に念入りに洗ってあげましょう。

顔まわりは、水がかかることを嫌がる猫も多いので、濡らしたタオルなどで拭くだけでもよいでしょう。シャンプー剤が目に入らないように注意してください。

3.タオルドライでしっかり乾かす

全体をしっかり洗い終えたら、シャンプーをすすぎ、タオルドライに入ります。タオルを押し当てるように、優しく水分をとってあげましょう。猫の毛は乾かすのに時間がかかるため、じゅうぶんにタオルドライをすることが重要です。

最後にドライヤーで乾かします。ドライヤーの音と風は、多くの猫が嫌がりますのでなるべく短時間で済ませましょう。風の強弱や距離に注意しながら優しく乾かします。この工程を短くするためにも、タオルドライで水分をしっかり取っておくことが重要なのです。

十分に乾いたら、ブラシで毛並みを整えてあげましょう。

なお、夏の時期やお部屋が暖かい場合は、タオルドライがじゅうぶんであればドライヤーは省いてもいいかもしれません。

慣れないうちは、「びしゃびしゃのまま浴室から逃げた!」なんて事故を防ぐためにも、可能ならばシャンプー担当、乾かす担当の2人以上でチャレンジすることをおススメします。

ドライシャンプーという選択肢

「お風呂で洗ってあげたいけど、どうしても暴れてしまってできない…」という場合には、ドライシャンプーという選択肢があります。これは洗浄作用のある液体や泡タイプのシャンプー剤で、使用後に洗い流す必要が無いということが最大のメリットです。

使い方も簡単で、シャンプー剤を手やガーゼタオルに適量とり、毛並みに沿ってマッサージするように馴染ませ、余分なシャンプー剤を拭き取って完了です。汚れやすい手足は馴染ませた後にモミモミと揉みこむようにできると効果的です。

お風呂で洗うよりは随分と手軽にでき、猫への負担も軽いためおすすめです。ただし、手軽に出来るといっても頻繁にし過ぎる必要はありませんので、あくまでも汚れやニオイが目立つときに検討してみましょう。

お風呂に猫がついてくる理由 

2匹揃って昼寝をしている猫

余談となりますが、最後にお風呂場についてくる猫についてお話しします。多くの猫が水に濡れることを嫌がると説明しました。しかし、なかには濡れることを嫌がるのにも関わらず、飼い主の入浴中にお風呂をのぞきにくる猫もいます。「濡れるのが嫌なのでは?」と思うかもしれませんが、この行動には猫なりの理由があると考えられます。

気になる・パトロールのため

水が苦手であるにも関わらず、お風呂や洗面所を覗く行動について、まず考えられる理由は「気になるから」でしょう。また家の中を見回る(パトロールする)ためでもあるかもしれません。飼い主が入浴中に様子を観にくる場合は、水音に反応し、何があるのかを確認するためと考えられています。水に濡れた手などを、猫の鼻先に持っていき、好奇心を満たしてあげるのもよいかもしれませんね。

暖かくて気持ちいい

浴槽に湯を張って入浴する場合、浴槽のフタにごろんと寝転がるのが好きな猫もいるようです。体が濡れるのは嫌だけど、しっとりして暖かいお風呂という空間は好きなのでしょうね。

一緒にお風呂に入る時は、誤って猫がお湯の中に転落しないように気を付けましょう(猫は泳げません)。また人のシャンプーなどに含まれる香料の成分の中には、猫にとって有害なものが含まれる場合があります。猫と一緒に入るとしたら、ゆっくり湯舟に浸かる時だけにしておいた方が安全です。

飼い主にかまってほしい

入浴中の飼い主は、お風呂場から移動することはありません。そこで、猫は飼い主の元へいくことでかまってもらえると思い、様子を観に来ている可能性があります。また飼い主から離れてしまうことに不安を感じ、ドアの前で待っているといった行動を見せる猫もいます。声をかけてあげるなど、注目していることを伝えると、猫の不安を解消できるでしょう。

関連記事:「猫の分離不安」って何?なりやすい猫の特徴と改善策を紹介!

まとめ

タオルの上に寝そべる猫

猫のお風呂について、その必要性や準備すべきもの、手順などを解説しました。また猫がお風呂場を覗きに行く理由についても、少し考えてみていただけたでしょうか。

基本的に、猫をお風呂に入れる必要はありません。しかし、猫を外から拾って自宅に迎えるときや、極端に汚れが気になるときなどには、お風呂に入れることを検討してみましょう。事前の準備を整えること、タオルドライをしっかりすることが特に重要です。手順に沿って、入浴による猫のストレスを軽減しつつ、体を清潔に保ってあげてください。

どうしてもお風呂に入れたい場合でも、猫の体調には十分に気をつけてあげましょう。首輪型デバイス「Catlog(キャトログ)」では、愛猫の健康状態を細かく記録することができます。毛づくろいの回数なども記録できるため、猫の皮膚に異常がないかどうかも確認できます。

ぜひCatlogを活用して、皮膚を含めた体全体の健康管理をおこなってあげましょう。

catlog
catlog board

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

ライター

猫様のいる暮らし編集部

猫様のいる暮らし編集部

2匹の猫様と一緒に暮らしています。無防備になったお腹に顔をうずめ、猫吸いをさせていただくのが至福の時間。 猫様との暮らしにまつわる情報をお届けします。

ヘルスケアの新着記事

「猫様のいる暮らし」は、猫様と暮らす方々のためのウェブマガジンです。猫様と健やかに暮らしていくための記事をお届けしていきます。

記事に医療・学術的な内容を含むこと、猫様の情報を探している多くの飼い主さんに情報が届くように、「猫様との暮らし」内では猫様に対して“猫”と表記することを許可しました。

RABO, Inc.
Chief Cat Officer ブリ丸