猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。
猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。

猫様のいる暮らし - Life with Cats - すべては、猫様のために。

猫がトイレに行かない原因とは?病気の可能性と対処法を解説

猫がトイレに行かない原因とは?病気の可能性と対処法を解説

トイレ
投稿: 更新:

猫がトイレを使ってくれない、もしくはトイレに行ってもおしっこやうんちが出ない場合には、いくつか原因があります。また、トイレの回数が少ないことが気になっている飼い主もいるでしょう。病気の可能性もありますが、もっと別のところに原因があるかもしれません。

本記事を参考に、猫がトイレに行かない原因と対処法を探っていきましょう。

監修した専門家

小川 篤志

小川 篤志

獣医師。救急医療を中心に従事し、災害医療にも携わる。宮崎犬猫総合病院 院長、TRVA夜間救急動物医療センター副院長を経て、現在RABOに所属。Webメディア監修、獣医師や飼い主向けセミナー講演、メディア取材などでも活動。

猫がトイレに行く平均的な回数

トイレから出ようとしている猫

ご自身の愛猫が一日に何回トイレにいくかわかりますか?

一般的に、元気な猫が1日でトイレに行く回数はおしっこで2~3回、うんちで1回程度です。ただ、猫の個体による違いもあるので一概には言えませんが、猫のトイレの回数は実はとても大事なので、できるだけ把握しておくようにしましょう。推移までわかるとベストですが、「今日はやたらとトイレの回数が多いぞ(少ないぞ)」ということに気づけるだけでも良いのです。

おしっこが1日に1回も出ない、というのは少ないです。「出したいのに出せていない」や「水が飲めているかどうか」などを確認すると良いです。もしくは、どこかトイレ以外におしっこをしているかもしれません。逆に、少量のおしっこを何度も何度もするのは、頻尿の可能性があります。

うんちは、おしっこほど定期的ではなく、タイミングにばらつきがあります。便秘気味だったり、ご飯の種類によっては1~2日出なかったりすることもあります。子猫はもう少し気をつけておいた方がよく、便秘になるとお腹がぱんぱんになり、嘔吐や食欲不振になるケースも。もし子猫が排便できていなければ、動物病院に相談しましょう。そのほか、猫のトイレの回数について、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

猫がトイレに行かない原因

トイレを目の前に遠くを見つめる猫

猫がトイレ行かない原因として考えられる主なものは、以下のとおりです。

【猫がトイレに行かない原因】

  • トイレの環境に問題がある

  • 猫がストレスや不安を抱えている

  • 他の場所で排泄してしまっている

  • 水を飲む量が足りない

  • 病気の可能性がある

トイレの環境に問題がある

猫はきれい好きな動物です。トイレが汚れていると、そのトイレでは排泄したがらないこともあります。結果としてトイレを我慢したり、ほかの場所で粗相をしたりしてしまうことも。トイレを使ってくれていないようであれば、まずは快適なトイレ環境になっているかを確認しましょう。

理想のトイレ環境については以下の記事でも解説しています。

猫がストレスや不安を抱えている

ストレスや不安が原因でトイレに行かなくなることがあります。例えば家に迎えて初日であれば、環境の変化への戸惑いや、先住猫との相性、もしかしたらトイレがどこかわかっていないこともあります。ほかにも物音などにおびえている可能性も考えられるので、なにか猫がストレスを感じたり、不安を感じたりする要素がないかを考え、原因を取り除くようにしましょう。

他の場所で排泄してしまっている

いわゆる粗相(そそう)をしてしまっている状態です。お家にやってきたばかりでトイレの場所を理解できていなかったりすることもあれば、トイレ環境が気に入らずあえて他の場所でおしっこしてしまうことも。もし粗相をしてしまったら、においを消すまでしっかり掃除するのが大事です。においが残っていると「ここでおしっこをしても良いんだ」と勘違いして、準備してあるトイレで排泄しなくなってしまうこともあります。トイレの使い勝手や猫砂の相性の問題も考えられるので、原因を探ってみることをおすすめします。

水を飲む量が足りない

猫は本来砂漠の生き物でもあるため、病気でなくとも水を飲む量が少なくなりがちです。しかし、あまりにも水を飲む量が少ないとトイレに行かなくなることもあります。水を飲む量については個体差がありますが、複数の場所に設置しておくと自然と飲むようになったりもします。ですが基本は、飼い主が十分に水を飲んでいるかを確認したほうがいいでしょう。また、水飲み場も猫の数+1以上を設置してあげると良いですね。

病気の可能性

猫は膀胱炎や腎臓病などの泌尿器系のトラブルが多い生き物です。下痢や嘔吐、便秘などの消化器系のトラブルもしばしば起こします。トイレに行っても排泄しない、長期間トイレに行っていない場合は、どれくらいトイレに行っていないのかを確かめてください。同時に、ほかの症状(元気、食欲、水飲み、嘔吐など)がないか、トイレ以外の場所で排泄していないかも確認をしてください。もしトイレ以外でも排泄してない場合は、異常のサインかもしれません。速やかに獣医師による診察を受けましょう。

トイレに行くけど排泄できないときは要注意

トイレには行くけれどおしっこができていないような場合は、早急に病院に連れていく必要があります。「尿道閉塞」といって、結石が詰まることがあり、これは命にかかわるためです。うんちが出ない「便秘」は、それほど緊急性はありませんが、いずれも早めに獣医師に相談することをおすすめします。

猫がトイレに行かないときの対処法

猫用トイレに置かれる直前の子猫

猫がトイレに行かない場合、その原因を探って対処してあげることが大切です。以下の対処法を試してみてください。

【猫がトイレに行かないときの対処法】

  • トイレの環境を見直す

  • 猫のストレスや不安を取り除く

  • 猫が水を飲めるように工夫をする

  • 子猫の場合は排泄のサポートをする

  • おなかのマッサージをしてあげる

  • 動物病院へ相談する

トイレの環境を見直す

トイレの環境を変えて改善する場合もあります。トイレの大きさや猫砂の種類を変えたり、トイレそのものが清潔かどうかを確認したりしましょう。また、猫にとってトイレの環境は人が考えるよりも重要です。トイレ周辺の環境が気に入っていないために、トイレに行かないケースも考えられます。置き場所を少しずつずらしたり、別の場所に新たにトイレを設置してみたりするといいでしょう。

猫のストレスや不安を取り除く

猫がストレスや不安を抱えている場合は、原因を取り除くことでトイレに行くようになることもあります。猫が何に対してストレスや不安を抱えているのかを観察し、適切な対処をしましょう。環境の変化が大きい場合は、慣れるまで待つのも方法のひとつです。

猫が水を飲めるように工夫をする

水を飲みやすくするのも、大事です。水が飲めないとおしっこが出せないため、少しでも水を飲みやすくする工夫をしましょう。飲んでいる水の量が適切かどうかを確認し、しっかり飲めていれば問題はありません。十分に飲めていなければ、家のあちこちに水を設置するなどして少しでも水が飲みやすくなるようにサポートしましょう。缶詰などのウェットフードでも水分摂取量をあげられますよ。

子猫の場合は排泄のサポートをする

子猫の場合、飼い主による排泄のサポートが必要な場合もあります。自分ひとりで排泄することが難しい場合は、トイレに行きたい仕草、いわゆるトイレサインを飼い主が察知して連れて行ってあげるといいでしょう。子猫や老猫の場合は、トイレのふちが高くてエントリーしづらいこともあります。詳しくは、以下の記事で解説しています。

おなかのマッサージをしてあげる

主に排便がうまくいっていないときは、猫のおなかをマッサージしてあげましょう。尿は出ているのに排便ができていない場合は便秘の可能性があり、マッサージをするだけで解消することもあります。ただし、数日出ていないのであれば、自己判断せずに動物病院で相談しましょう。

マッサージの方法は、おなかを優しくなでてあげるイメージで、ぎゅっと押す必要はありません。子猫にマッサージをすると、これだけでおしっこが出てくることもあります。トイレがうまくいかない場合には、マッサージしてあげてもいいでしょう。

動物病院へ相談する

もし上記の方法を試しても効果が見られなければ、動物病院へ相談をしましょう。トイレに行かないだけではなく、トイレしてないのであれば、病気の可能性もあります。異常を感じたら自力で何とかしようとせず、獣医師に相談するようにしてください。

猫の健康管理におすすめのツール

トイレの状態から健康管理できるのはわかっていても、常にチェックするのもなかなか大変ですよね。そんな時に役に立つのがトイレの下に置くだけのIoTデバイスのCatlog Board(キャトログボード)です。

Catlog Board(キャトログボード)

おしっこやうんちの回数・量や体重などのデータの管理をスマホアプリで行うことができ、排泄リズムを把握することが可能です。体重や排泄の推移に変化があった場合にはアプリを通して飼い主にお知らせします。普段使用しているトイレの下に設置するだけなので使い方は簡単。乾電池式なので、置き場所にも困りません。

あわせて食事量や水を飲む量も把握できる首輪型IoTデバイスのCatlog(キャトログ)も使えば、さらに細やかな猫の健康管理が可能になります。

まとめ

猫がトイレに行かない理由はさまざまです。飼い主はどうしても心配になってしまいますが、まずは環境の整備から始めてみましょう。それでも効果がなければ病気の可能性もあるので、動物病院へ相談しましょう。体調がおかしいと感じたら、すぐに相談することをおすすめします。

普段から猫の健康管理をこまめにしたいのなら、Catlog Boardを使いましょう。飼い主だけでは判断できない異常にいち早く気が付くこともできます。大切な愛猫の異変に早く気が付くためにも、ぜひご検討ください。

Catlog Boardを見てみるCatlogを見てみる

この記事をシェア

ライター

猫様のいる暮らし編集部

猫様のいる暮らし編集部

2匹の猫様と一緒に暮らしています。無防備になったお腹に顔をうずめ、猫吸いをさせていただくのが至福の時間。 猫様との暮らしにまつわる情報をお届けします。

トイレの新着記事

「猫様のいる暮らし」は、猫様と暮らす方々のためのウェブマガジンです。猫様と健やかに暮らしていくための記事をお届けしていきます。

記事に医療・学術的な内容を含むこと、猫様の情報を探している多くの飼い主さんに情報が届くように、「猫様との暮らし」内では猫様に対して“猫”と表記することを許可しました。

RABO, Inc.
Chief Cat Officer ブリ丸