2019.01.10 猫レポート

初詣は浅草、今戸神社に。

猫様について、自由きままに投稿する「猫レポート」です。

RABOでは、お参りの際に猫様にまつわる神社やお寺に行くようにしています。

2018年10月にはMakuakeでCatlogのクラウドファンディングのプロジェクトの成功祈願に世田谷にある豪徳寺へお参りをしました。
約400年近く前に創建されたとされる豪徳寺は、井伊直弼が猫に招き入れられて雷雨から逃れた事で、”招き猫発祥の地”とする説もあるそうです。そう言われるだけあって、境内には大中小さまざまの大きさの白い招き猫様が大勢鎮座してらっしゃいました。

豪徳寺の境内に鎮座する無数の招き猫様

たくさんの絵馬のたくさんの願いの中に、Catlogのプロジェクトも成功祈願をひっそりとさせていただきました。こちらの絵馬、いま見返してみるとなんだか宣伝文句みたいにも見えますが、成功祈願です…。

絵馬にも雲をまとった神々しい招き猫様が描かれており、まさにCatlogのスタートにピッタリでした!!

Catlogの絵馬


そして、2019年の初詣。

RABOでは仕事初めのその日に、社員一同揃って浅草の今戸神社にお参りにいきました。
浅草と言えば浅草寺!というイメージがありますが、この今戸神社は浅草駅から浅草寺とは別方向に徒歩15分ほどの場所にありました。

今戸神社

今戸神社の歴史は約1000年近くも遡り、こちらも招き猫発祥の地とする説があるそうです。
なによりも夫婦の神様を祀っている事から、縁結びにご利益がある事で有名だそうです。
住所が、台東区今戸1-5-22(イイ ゴ フウフ=いいご夫婦)ということで、ご利益も倍増しそうな予感がします。

今戸神社では絵馬がまんまるで、描かれている猫様もとてもかわいいです。
絵馬が円(まる)い事で、より縁がありそう…。

今戸神社の丸い絵馬

RABOのオフィスには現在、今戸神社で授けていただいた招き猫様がいらっしゃいます。とてもかわいらしいお顔のご夫婦が、二人並んで右手を挙げています。

RABOのオフィスの招き猫



2019年のRABOも、ステキな縁に恵まれそうです。

すべては猫様のために。