2018.12.20 猫レポート

猫様は主人。

猫様について、自由きままに投稿する「猫レポート」です。

日本はこのところ空前の猫ブームと言われていますが、知人に聞いた話だとお隣の韓国でも最近は猫が大人気だそうです。

日本では猫様の飼い主を自ら「下僕」と呼ぶ方もいらっしゃいますが、韓国では「執事=집사(jipsa)」と呼ぶ事が多いとのことで、どれだけ猫様が尽くされ愛されているのかがうかがえます。

ちなみに欧米などの英語圏では、弊社代表の様な猫バカの事を「Crazy Cat Lady」と言うらしいです。

※こちら、「猫おばさん」などと悪意がこもる様なので、使い方には注意が必要です。

一方で「Cat Servant」など控えめな姿勢で呼ぶこともあるそうです。

3年に一度猫に関する大きなイベント「猫祭り」が行われるベルギーのお隣、ドイツでは「Dosenöffner」と呼ばれるらしく、「缶を開ける人」という意味があり、つまりは猫様の食事係という意味になるそうです。

腕を組んで猫ソファーにあおむけに転がるCCOブリ丸

猫様は主人。

猫様に仕えるという考え方は万国共通の様ですね!

すべては猫様のために。